何が現実を作っていくのか?〜占いの使い方

自分の周りで起こっていることが・・・全て「納得がいかない」なんてことを思っていても、それを周りのせいにすることがいかに意味のないことなのか、あなたには理解できますか?

こんなにも忙しい現代の中で・・・私たちは「こんなに頑張っているのだから、私はもっと評価されるべきなのよ」なんてことを思って仕事をしているとしましょう。そのときあなたの頭の中にあることは・・・「これを誰かのせいにしてしまえば、私の苦労も減る」なんてことを思っては、なんだか神妙なことを考えてしまうかもしれない。それでも、私たちはいつでもそれに囚われてはいけない。ものがなんのためにあるのか?それを考えたときに・・・「いつでも自分で考えること」「人のせいにしない」ということがないと、きっと何をしたって占いの力を信じることなどできはしないでしょう。だからこそ、私たちが知るべきことは・・・「現実を作っているのは他ならない自分である」ということです。

人はどうしようもなく追い詰められてしまうと、「これは自分のせいではない」なんて気持ちになるものです。または、占いをして「ちょっと悪いものが出ている」なんてことを言われようものならば・・・「あの時言っていた人の言葉は本当だ」なんて、まるで何かに取り付かれたようになるでしょう。

占いとは、ある意味一種の自己暗示のようなものでしょう。いいことばかりが頭の中に浮かんでいる状態ならば・・・「私は絶対ああなるから」と、ちゃんと理解することができ、行動もそれに伴うようになるでしょう。ですが、いつでも頭の中に「悪いこと」があっては気になってしまい・・・「どうしたらいいのか?」なんてことを思っては気持ちを落ち着けることができないと、占い自体が怖くなってしまうもの。そうならないためにも、まずは占いの結果がどんなものであるとしても「結局は自分がどう考えるのかだ」と、わかった上で占いを見るようにしませんか?

大阪 グルメ

エステ好きが参考にする口コミサイト!美肌になる為により良いエステに行きましょう!

IWC 買取

ディオーネ

広島 賃貸